実家に里帰り。

昨日・今日は名古屋の実家に里帰り。

玩具のバッティングマシーンで遊んだり、ちょっと晴れ間が見えたので、近くの川にハゼ釣りに行ったり、家族みんなで楽しく過ごしました(o^^o)
「おじいちゃん、一緒に遊ぼ!」
「おばあちゃんのご飯、めっちゃ美味しいわ!」
と子ども達の一言一言に笑顔を見せる両親を見ながら、ちょっとだけ親孝行できたかなf^_^;
毎月一回の帰省、年にすると12回、両親の年齢を考えても、一回一回の大切さを感じます。

釣りたてのハゼ、美味しかったです( ^ω^ )
自然から命をいただき、感謝です。。

自然観察会の下見に同行させていただきました。

先日、認知症研修をした法人様よりこんな嬉しいメッセージをいただきました。

「先生ー!ありがとうございました!研修後、早速職場に変化が出ていますw毎月研修していますので、上級編もぜひよろしくお願いします!」
と。
学んで満足ではなく、実際に職員さんのケアが変わることが一番嬉しいですね(有)ケアステーション大空さま、ありがとうございましたm(_ _)m

そしてこの週末は熊本県での認知症研修の後、熊本県の認知症介護指導者の高橋さんに誘っていただき、自然観察会の下見に同行させていただきました。
場所は大滝自然森林公園、渓流沿いの遊歩道を歩きながら自然観察♬
草木や花、生き物を見るだけじゃなく、葉っぱの香り?匂い?を嗅いだり、木の実を味見したり、苔に触ってふさふさを感じたり、野鳥のさえずりを聴いたり、五感を使って感じる楽しさがそこにはありました。
自然観察会を体験したおかげで、今朝、保育園に娘を自転車で送りながら、普段当たり前に通り過ぎている道々にも、たくさんの草木・花があることに気づきました。
そんな日常の何気ない生活の中に、自然を感じることが出来るようになったこと、それが一番うれしかったです!

高橋さんはこの自然観察を介護に応用出来ないかと活動されています。
自然と触れ合い五感を鍛え、利用者さんと関わることが出来たら…
僕も高橋さんの話を聞き、実際に自然観察会を体験して、このふたつって、すごくマッチングしてるなぁと感じました。
もっともっと勉強したいです!

認知症のお勉強の日。

認知症のお勉強の日。

著者は違えど、大事にしていることは皆さん、同じ。
どの本も…"認知症"と"人"をきちんと見て、理由を考えることの大切さと、明日のケアの実践に繋がるヒントがいっぱい詰まった素晴らしい内容です。
まだ読んでいない皆さんは、ぜひ手にとってみてください^o^

そして今日は、子どもの療育でお世話になっている【滋賀県立小児保健医療センター】の研修会に参加しました。

…先天異常がある場合、そのほとんどが自然流産となり、生まれてくることが出来る命は1%以下…
そんな話を思い出しながら、隣で幸せそうに寝ている我が子を見て、命の尊さを感じました。
うちの子に生まれてきてくれて、ありがとう(^ ^)