社会福祉法人 近江ちいろば会の職員さんが、総合事業で紙芝居を使って認知症のお話を♬

法人として認知症シスター養成講座を受講いただいた、滋賀県にある社会福祉法人 近江ちいろば会の職員さんが、総合事業で紙芝居を使って認知症のお話を♬
専門職として身近な地域で、身近な人に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)
http://chiiroba.jp/officeblogpost14/ふれあいの家おしどりno26/

以下、近江ちいろば会さまの投稿、原文そのまま掲載…
【総合事業】ふれあいの家おしどりです。
この6月で活動開始3年目を迎えました!
今日は、3か月に一度の「学びの日」です。今回は、渡辺哲弘先生のきらめき介護塾の、「認知症予防」をテーマに学びました。
今日もアットホームな雰囲気での学びです。地域の方も2名聴きに来られました。
みなさん真剣に話を聞かれ、手元の紙いっぱいにメモを取っておられる方も!

終わってからのみなさんの感想です。
 Aさん「とても参考になりました。普段家では誰ともしゃべらないので、自分自身反省することが多いです。」
 Bさん「(物忘れについて)今日の話は思い当たることがいっぱいあったなあ」
 Cさん「とてもわかりやすかったです。私は人と話すのが苦手な性格なんです。でも気張っていろんなところに出かけるよ  
     うにしないとね。これから心掛けて行かなあきませんね」
この有意義な時間で共有したことを、お互いに今日からぜひ実践していきたいですね!

また、ふれあい健康ウォークも3年目に突入して、地域の方との関係も深まり健康にもなっていると思います。

ふれあいの家おしどりの総合事業は毎週金曜日に開催しています。
お気軽に見学に来ていただければと思います。

電話 0748-74-0005

【総合事業】ふれあいの家おしどり(No.26) 活動3年目突入! 学びの会で認知症予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です