手塚紀幸さん(栃木)が、認知症カフェにて紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症シスターの手塚紀幸さん(栃木)が、認知症カフェにて紙芝居を使って認知症のお話を♬
法人として地域貢献、職員一人ひとりが専門職として身近な地域で伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、株式会社フレンドさまの投稿、原文そのまま掲載…
<在宅介護j事業部>
おつかれさまです!
雨がパラパラ降りだしてきましたね☂
傘持ってきましたかー?

さてさて、先日”フレンドグループホーム芳賀”にて、
地域包括と連携した介護教室の一環として【認知症カフェ(認知症紙芝居】を開催しました!
高齢化が進む中、認知症に対する関心が高まっていますね。
一人でも多くの方に、認知症への理解を深めていただけると嬉しいです💛  
フレンド認知症講座→
https://tinyurl.com/ybazyvu6

渡邉 慎さん 川原貴代子さん 星 良子さん そして認知症シスターの中野幸恵さん(千葉 特別養護老人ホーム久遠苑)が、中学校で紙芝居を使って認知症サポーター養成講座を♬

きらめき認知症トレーナーの渡邉 慎さん
川原貴代子さん 
星 良子さん
そして認知症シスターの中野幸恵さん(千葉 特別養護老人ホーム久遠苑)が、中学校で紙芝居を使って認知症サポーター養成講座を♬
社会福祉法人としての地域貢献、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、我孫子市湖北・湖北台地区高齢者なんでも相談室さまの投稿、原文そのまま掲載…
9/21(金)湖北中学校で認知症サポーター養成講座を開催しました。

きらめき認知症トレーナーでもある久遠苑の渡邉施設長、当室川原看護師、室長星とシスターのくおん苑居宅の中野ケアマネが各クラスに入り授業をしました。
1時間目は紙芝居で認知症の理解を。2時間目は事例の劇を元にグループワークを行いました。

認知症の人に優しくしてあげたい、認知症の人を理解して接したいとの感想がありました。

柿沼博昭さん(群馬)が、小学校で紙芝居スライドを使って認知症サポーター養成講座を♬

きらめき認知症トレーナーの柿沼博昭さん(群馬)が、小学校で紙芝居スライドを使って認知症サポーター養成講座を♬
介護に携わる一人ひとりが、未来を担う子どもたちに伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、柿沼博昭さんの投稿、原文そのまま掲載…
みなさん こんにちは😊

桐生市地域包括支援センターユートピア広沢様と
協力して桐生市立境野小学校の4年生の生徒さん達に認知症サポーター養成講座を開催❣️
講師として関わらせていただきました😊
いつも先生方や生徒さん達から絶大な評価を得ているキッズ向けを携えての登壇です😊

厚生労働省の認知症施策推進総合戦略である
新オレンジプランでも全国に認知症サポーターさんを増やして、正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする人を必要としています😊

小学校での認知症講座は数回行っていますが、
初任者研修や実践者研修の受講生とは明らかに異なり、生徒さん達の反応はその時その時でガラリと変わるので、こちらのスタンスやキャラもその都度変化させて関わる必要が出てきます😅

楽しく学べるように・・
でも要点はしっかり押さえて学べるように・・

なんとか子供達とのキャッチボールもスムーズにできました😅

その後は地域包括支援センターユートピア広沢の主任ケアマネ、星野さんによる認知症サポーターについての解説😊

毎年行っているだけあってとても丁寧で熱意のこもった解説はさすがです❣️😊

ラストは同じくユートピア広沢の主任ケアマネでサブリーダーの北川さんが認知症のお婆さんになり、生徒さんとのロールプレイ😊

生徒さんも教えてもらった声かけで気をつける点を意識して上手に関わってくれました😊

認知症の人を支えてくれる人がまた1人1人増えていきます😊

他の法人様とコラボを組んでの認知症講座は私にとっても初めての体験でしたが、とても勉強になりました😊

桐生市内の小学校から引き続きオファーが来ているので今回の経験を生かしていきたいと想います😊

サポートに駆けつけてくれた桐生市在宅医療介護連携室の香取様とデイサービス{みらい}の関口様、そして境野小学校の先生方と生徒さん達の😄笑顔に、感謝・感謝です。

徳竹 茂さん(埼玉)が、地域包括の依頼で認知症サポーター養成講座を♬

きらめき認知症トレーナーの徳竹 茂さん(埼玉)が、地域包括の依頼で認知症サポーター養成講座を♬
話を聞いた地域の皆さんより、たくさんの声が!一人ひとりが身近な地域で伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、徳竹 茂さんの投稿、原文そのまま掲載…
先日、地域包括さんからの依頼で認知症サポーター養成講座を開催させて頂きました。
知らない事が沢山あった、
為になった、とご意見を頂戴する一方
「自分は一人暮らし。自分が変だなぁと思ったらどうしたら良いのか?」
「認知症予防のお話が聞きたい。予防策、一つだけ教えて!」
などなど、沢山の質問も頂戴しました。

こうしてお話をさせて頂くたびに毎回思うこと。
地域とのつながり、関わりの大切さ。
そして、もっと勉強しないと。

和賀育子さん(茨城)が、自身の絵本"うらら川"ときらめき紙芝居をミックスして、認知症サポーター養成講座を♬

きらめき認知症シスターの和賀育子さん(茨城)が、自身の絵本"うらら川"ときらめき紙芝居をミックスして、認知症サポーター養成講座を♬
”わかりやすく"を目指して工夫すること、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、和賀育子さんの投稿、原文そのまま掲載…
今日は #水戸市吉田市民センター で、認知症サポーター養成講座を担当しました^ ^
自分の色が出る講座、そんなことも考えるようになりました。関わり方に重点を置いて伝えて来ました☝️

#きらめき介護塾 の紙芝居データと #絵本 うらら川を使って、分かりやすくを基本にして。
オレンジのカーディガンで🍊

吉田市民センターを訪れて、やっぱり水戸の歴史は深いなぁと改めて感じた次第です。
生き字引と飲み明かしたい🤗

#オレンジ #認知症になっても大丈夫 #みんな大切

上薗和子さん(京都)が、認知症サポーター養成講座を♬

きらめき認知症シスターの上薗和子さん(京都)が、認知症サポーター養成講座を♬
聞いていただいた皆さんが、その学びを自宅でお孫さんに伝える!こういう工夫、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、上薗和子さんの投稿、原文そのまま掲載…
久しぶりの認知症サポーター養成講座♪
サポーターとして、子供さんにも伝えて下さいと言うことで、キッズ向けの紙芝居を中心にお話♪

早速孫達に話するわ~と言って下さった方もあり、狙いは上手くいったようです(^_^)v

加藤英明さん(埼玉)が、Run伴イベントで紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症シスターの加藤英明さん(埼玉)が、Run伴イベントで紙芝居を使って認知症のお話を♬
一人ひとりが身近な地域で、身近な人に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、加藤英明さんの投稿、原文そのまま掲載…
『Run伴埼玉2018』に参加された皆様、お疲れ様でした。天候にも恵まれ、無事にそして大盛況に終えられ良かったです😃

認知症紙芝居も盛り上がりました😃
来年は更に盛り上がりましょう😃

稲岡錠二さん(京都)が、午前・夜とそれぞれ別の場所で認知症講座を♬

きらめき認知症トレーナーの稲岡錠二さん(京都)が、午前・夜とそれぞれ別の場所で認知症講座を♬
一人ひとりが身近な地域で、身近な人に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、稲岡錠二さんの投稿、原文そのまま掲載…
昨日は『世界アルツハイマーデイ』でした。
『世界アルツハイマ―デイ』に合わせて企画した
『丹後l一わかりやすい認知症講座』
夜の部も終わりました。
#世界アルツハイマーデイ
#丹後一わかりやすい認知症講座
#ハチハウス
#ライフデザインクリエイトふらっと

参加された方の感想をまとめておきます。
問いは
①『認知症』と聞いて、どんなイメージを持っていますか?
②『認知症』についてのイメージ、変わりましたか?
 (すごく変わった・ちょっと変わった・
  変わらない・余計にわからなくなった)
 その理由を教えてください
です。

①脳の病気
②ちょっと変わった
 介護されやすいおばあちゃんになりたいなぁ~

①発症後は環境が大きく影響
②ちょっと変わった
 具体例がたくさんあげられていたので、知っていることがよりピンとくるようになってきた。

①何もわからなくなるイメージです。
②すごく変わった 
 わかることもあるというのを聞いて、なるほど…と思いました。

①なりたくない
②ちょっと変わった

①脳の病気
②ちょっと変わった
 しかたがないことを受け入れること。

①脳の病気
②ちょっと変わった
 (母が認知症初期です)
 出来ることを出来るときにするでいいのかなぁ
忙しい時はついついイライラして母にきつく言ってしまって、そんな自分がイヤだなぁと思ってしまうけど、それでいいのかなと思いました。

①いつも何か不安に感じている
②ちょっと変わった
 理想と現実はある。が、まず「安心」を感じてもらえる言葉を心掛けようと思った。
 上手なボケ方は今から考えたい。

①周りの人たちに理解されにくい。知っている人が少ない。
②すごく変わった
 認知症の人を支える人が大事ということを再認識しました。

以上です。

田中 葵さん(新潟)が、キャラバンメイト養成講座を♬

きらめき認知症トレーナーの田中 葵さん(新潟)が、キャラバンメイト養成講座を♬
一人ひとりが身近な地域で、身近な人に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、田中 葵さんの投稿、原文そのまま掲載…
キャラバンメイト養成講座を
受けて来ました。

まるっと受講のタイミングを3年逃したけど、お休みを頂けたので…。

きらめき介護塾の活動が
よりしやすくなるといいな。

「上司に言われたから受けに来た」と
いう方が同じグループ内に何人もいた。

認知症の方、もしくはその家族や
関係している人に対して
「こうしていきたい!」って思う気持ちを
感じたかったのに…。

実際メイトさんの数が増えても、
活動している人が少ないのなら、
こうやってやっている意味って何だろう?

私自身…

キャラバンメイトとしての活動って考えると
どうやって伝えたらいいか分からないけど…。

だからこそ!きらめき介護塾は
台本があって分かりやすいから良いと思う!

変えたい気持ちがあるから、
自分にできることに1歩近づきたい。

近づくきっかけが、私にとって
【きらめき介護塾】でした。

認知症は、超高齢社会になり
目立っただけです。

皆が他人事と捉えずに
自分にできることを頑張って欲しい。

私は、そう感じています。

山添明美さん(滋賀)が、中学生の職場体験で認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの山添明美さん(滋賀)が、中学生の職場体験で認知症のお話を♬
介護に携わる一人ひとりが未来を担う子ども達に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、山添明美さんの投稿、原文そのまま掲載…
中学校職場体験 3回目
今回は、「認知症の理解と関わり」の紙芝居
一生懸命メモを取り聴いてくれる
その姿勢、私も学ばなければ・・😅

途中、先生が巡回に。一緒に紙芝居を聞いてくださった✨

最後はみんなに確認
アルツハイマー = 「記憶」が大事
薬(薬も大事)より適切な関わり方 と
しっかり答えてくれた✨😊

楽しく一緒に学べた事に感謝🍀
それぞれの道
お医者さん、看護師さん、介護職さんを
目指して頑張れ 応援してます ٩(^‿^)۶‼️