佐藤香絵子さん(滋賀)が中学校で認知症サポーター養成講座を

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症トレーナーの佐藤香絵子さん(滋賀)が中学校で認知症サポーター養成講座を♬
コロナ感染予防の為、二日間かけて、5つのクラスを順番にまわりお話を(゚o゚;;

校長先生がその様子を学校のホームページに!
介護に携わる専門職として、未来を担う子ども達に伝えていくこと、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、佐藤香絵子さんの投稿、原文そのまま掲載…
《初日》
久しぶりに認知症講座……
コロナの関係もあり1年ぶりで職場がある地元の中学校の3年生対象にお話をさせていただきました。
昨年は全クラスが集まった中でのお話でしたが今年はコロナのために一クラスごと5回に分けてのお話……
本日の3回終了~明日は2回~
今日の反省踏まえて明日も頑張ります💦
のど、カラカラ………(笑)(笑)
早速、ホームページに校長先生が載せてくらたはりました。ありがとうございます💨


《二日目》
一昨年からかかわらせていただいてる中学校での認知症講座。本日5クラス終了しました。
今日の講座を始めるまでに先生から昨日の生徒さんの感想を聞いて(たくさんのスライドでとてもわかりやすかった。)(家にも家族が認知症で関わり方を考え直した〜)…などの意見をいただき残りの2クラスへのお話にも気合いが入りました。
話てる途中から意見がどんどん出るクラス。ジーと聞いてるだけのクラス。
クラスによってこんなにも違いがあるんだ~とお話の仕方も少し変えたりして私の方が学ばせていただきました。
終わってから「うちのおばあちゃん。もぅ亡くなったけど認知症やって。もぅ一人のおばあちゃんが座りっぱなしやから認知症にならへんようにしたい」とか「認知症に関わってる家族の生活の保証とかは?」とか中学生らしい意見もあればこの子中学生?と驚くこともあって最初は5クラスも大変だ~って思ってたけどやって良かった。少人数だからこそ伝わる事、伝えてもらえることの連続でした。
未熟な私を講師として呼んでくださりありがとうございました

大場マッキー広美さん(山形)が、ご主人さまの実家で認知症のお話を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症シスターの大場マッキー広美さん(山形)が、ご主人さまの実家で認知症のお話を♬
あなただから伝えられる人がたくさんいます。
一人ひとりが自分の身近にいる大切な人に伝えていくこと、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)
以下、大場マッキー広美さんの投稿、原文そのまま掲載…
今日は仕事は絶対しないと決めた日
※そんなこと言うと各方面から怒られるけど💦
ご主人様の実家へ行きまして
きらめき認知症シスターとして
紙芝居の練習を
おとさん、おかさん、ばっちゃに
聞いてもらいました🐸


途中、ばっちゃからも
沢山質問がありまして
学ぶ姿勢は誰よりもありました‼️
楽しく話せたけど
まだまだ練習しなきゃだわさ💦
ばっちゃ、認知症はほんのすこーーーーーしだけ
「年相応の物忘れ」は
もちろんあるから
家族の中で
どう接したらいいのか、を
みんなで話すとてもよい機会になりました🐸
ばっちゃは来月96歳
まだまだ元気です!!
ばっちゃの笑顔を見て
癒されPOWERもらったので
明日からまた頑張れるッス

緒方由紀子さん(熊本)が、対面+オンラインのハイブリッドで認知症サポーター養成講座を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》
きらめき認知症トレーナーの緒方由紀子さん(熊本)が、対面+オンラインのハイブリッドで認知症サポーター養成講座を♬
受講された方からは嬉しい感想が!
コロナ禍でも工夫をしながら伝えていくこと、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、緒方由紀子さんの投稿、原文そのまま掲載…
認知症サポーター養成講座
およそ70名の方々へ会場には15名程で、後は各事業所へリモートで。
相手の表情がわかりにくく戸惑いましたが、なんとかやれました。
現場ではパソコンを自前で使わなければならなかったので、原稿を入れている資料を見る事が出来なかった!
事前に原稿を印刷しておくべきでした。パソコンをプロジェクターに繋げば、原稿が横に出るので安心しきってたんですよねぇ…
相手の会社のパソコンはリモートのために繋がれており…急遽私のパソコンをプロジェクターに繋げることで、原稿を確認できなかったのですが…90分パワーポイントの映像だけでお伝えする事が出来ました。
逆に心を込めて丁寧に話せたかと思います。
久々の講師でしたが、何とかなるものですね…
今日の企業様に学びをお伝え出来て良かったです。
終了後に、とてもわかりやすかったです…と感想も頂きました。

井上智則さん(新潟)が、小学校で認知症サポーター養成講座を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症トレーナーの井上智則さん(新潟)が、小学校で認知症サポーター養成講座を♬
介護に携わる専門職一人ひとりが、身近な地域に目を向け、地域の未来を担う子ども達にわかりやすく伝えていくこと、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、井上智則さんの投稿、原文そのまま掲載…
足元はコロナ禍、同じ区内でクラスターが発生している為、開催が危ぶまれましたが、新潟市西区の小学校4年生77名を対象に「認知症サポーター養成講座」を地域包括坂井輪さんと共同で開催することが出来ました。
感染症対策に尽力された学校の先生方に心から感謝です😊


コロナ対策の為、3クラスを半分に分けての2部講演。先週実施した6年生とはまた違い、みんなとても元気で質問するとたくさんの子供たちが目を輝かせながら手をあげてきます。全員から意見を聞きたかったのですが時間の都合もあり聞くことが出来なくて残念でした😅
子供たちにはぜひ今日学んだことをまずは身近な家族や周りの人に伝えていってもらいたいと思います。
コロナ禍、色々ありますが、子供達からたくさんのパワーをもらうことが出来ました‼️

永田かおりさん(滋賀)が、外国人初任者研修で認知症の単元を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症トレーナーの永田かおりさん(滋賀)が、外国人初任者研修で認知症の単元を♬
介護に携わる専門職として、誰が聞いてわかりやすく説明できること、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、永田かおりさんの投稿、原文そのまま掲載…
おはようございます!
日に日に寒くなってきましたね…
昨日は、東近江まで、
「外国人初任者研修」の講師に行って来ました。(^-^)


毎年の担当分野が「認知症」
勉強の始めに、まずはこの言葉の意味を理解してもらうところからスタートです。
また、授業のなかに、
「加齢」
「年相応」
という言葉があるのですが、基本同じ意味なので、どちらか一方を使って説明するように工夫したり…
多文化社会、
毎回、私が教えてもらる事柄も多いなぁ…って思いながら講師をしています。
今年度は、16名。
皆様が無事に資格取得できますように…😊

【特別養護老人ホーム アンミッコ】が、認知症ケアのプロが選ぶ…親を入居させたい施設に選ばれました!

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症トレーナーの三浦祐一さん(埼玉)をはじめ、法人内に6人の認知症トレーナーが勤務する【特別養護老人ホーム アンミッコ】が、認知症ケアのプロが選ぶ…親を入居させたい施設に選ばれました!


記事にも"認知症トレーナー"がスタッフ教育をすることでケアの質が向上、入居者さんの安心に繋がっていると!
〜きらめいてます(^○^)

https://www.ammicco.or.jp/
以下、三浦祐一さんの投稿、原文そのまま掲載…
今週発売の週間ポストの取材を受け、掲載されました😃「父、母を入れたい老人ホームBEST40」

曽我部光夫さん(愛媛)が、職場で紙芝居を使って認知症のお話を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症トレーナーの曽我部光夫さん(愛媛)が、職場で紙芝居を使って認知症のお話を♬
自身の学びを伝えていくことで、スタッフさん一人ひとりが基本的な学びのベースを揃えること、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、曽我部光夫さんの投稿、原文そのまま掲載…
高齢者施設の介護職の方々にとって、認知症に対する知識は絶対に必要なものだと思います。
ただ、医療関係者が必要とする知識とは別物だと思います。介護職は高齢者の方の生活を見ます。そこに徹します。
高齢者の方々が安定した気持ちで生活が送れる。そうすると、精神状態が安定し、問題行動(行動・心理症状)が少なくなります。認知症の進み具合も遅くなります。
健常者にとっては、虚構の世界が、認知症の方にとっては真実の世界かもしれません。その非現実的な出来事を、どれだけ本当の出来事と思い、虚構の世界に入り込めるかが、介護職のチカラだと思います。
介護職に一番必要なものは、自らと戦う気持ちかもしれません

藤井茂子さん(滋賀)が、外国人介護労働者対象の認知症研修を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症トレーナーの藤井茂子さん(滋賀)が、外国人介護労働者対象の認知症研修を♬
嬉しい感想いっぱいですね(゚o゚;;
介護に携わる一人ひとりが専門職として、誰が聞いてもわかりやすく話が出来ること、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、藤井茂子さんの投稿、原文そのまま掲載…

スライド説明しながら、白板に説明をふりがな付きで書いて、わかりやすく噛み砕いてお話しました

倉石知恵美さん(神奈川)が、オンラインで神戸の方に認知症のお話を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》

きらめき認知症シスターの倉石知恵美さん(神奈川)が、オンラインで神戸の方に認知症のお話を♬
離れていても繋がっている〜コロナ禍でも工夫すれば伝えられる人がいっぱいいます!
一人ひとりが自分に出来ることをしていくこと、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、倉石知恵美さんの投稿、原文そのまま掲載…
先日、神戸の皆様にオンラインでの認知症予防のお話をさせて頂きました。


ホスト役の山上さん、ありがとうございました!
離れていても繋がってましたねー。
皆さんの笑顔からこちらもエネルギーいっぱいもらいましたー

柿沼博昭さん(群馬)が、初任者研修で認知症のお話を♬

《1人の100歩より、100人の1歩をカタチに》 

きらめき認知症トレーナーの柿沼博昭さん(群馬)が、初任者研修で認知症のお話を♬
受講生さんからはこんな嬉しい感想が(゚o゚;;
介護に携わる専門職として、誰が聴いてもわかりやすく説明できること、大事ですね〜
きらめいてます(^○^)

以下、柿沼博昭さんの投稿、原文そのまま掲載…
みなさん こんにちは😊
介護職員初任者研修❣️
当然こちらも大事です💁‍♂️きらめき認知症紙芝居
{認知症の理解と関わり 私たちにできること}✨
つい数週間前まで一般の地域住民さんだった
受講生の皆さん😊
いよいよ教科書の中に出てくる認知症への理解に
ついて・・
その前に誰でも解りやすい内容でお話しさせていただきました😊
「教科書の勉強をする前にこの話を聞けて
良かったです😊」
「とても解りやすくてこれから勉強していく
参考になりました😊」
受講生の皆さんからありがたいお言葉を・・
介護技術など学習も少しずつ本格的になって
いきます❣️
少しでも受講生の皆さんの役に立てるよう😊
その想いでこれからも話し続けていきます😊
明日への学びに・・
感謝・感謝です