柿沼博昭さん(群馬)が、町内会で認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの柿沼博昭さん(群馬)が、町内会で認知症のお話を♬
そして住民さんからこんな嬉しい感想が(゚o゚;;専門職として誰が聞いてもわかりやすく、そして認知症になっても安心に繋がる話ができること、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、柿沼博昭さんの投稿、原文そのまま掲載…
みなさん こんばんは😊

連続して群馬県高崎市の社会福祉協議会
高崎あんしんセンター様からもご依頼をいただき
飯塚第二町内会のみなさんに認知症予防の講座を
開催させていただきました。
みなさん他人事ではないという思いから
興味津々で聴いてくださり

「あなたの説明が今までで一番わかりやすかった❣️」

「うちの主人が認知症でね、でもここでお茶を飲みながら話をしているとみんなに励まされるのよ💕だから明るく過ごせるの、あなたの話で主人のことをもっと受け入れられると思うわ」

言っていただけるとホッとしながらもやはり嬉しい気持ちになります😊

認知症予防の話を聴いたからというわけではなくて、日頃から集まると行なっているゴム体操❣️

いつまでも健康で若々しく❣️

私が子供の頃には当たり前だった
ご近所付き合い・・

今では自然に形成されるのは難しい時代・・

社協さんや民生委員さんのご尽力のもとこのようなコミニティーが作られ継続されていることをとてもありがたいと想います😊

オファーをいただいた高崎市社会福祉協議会
あんしんセンター ケアマネジャーの秋本さん

私のお手伝いに駆け付けてくれた
{やすらぎ健康館}柔道整復師の村田さん、看護師の神宮さん、そして飯塚第二町内会のみなさんに・・

感謝・感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です