森田浩史さん(京都)が紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症シスターの森田浩史さん(京都)が紙芝居を使って認知症のお話を♬

「認知症の人の見方が変わった」…そんなこと言っていただけると嬉しいですね
きらめいてます(^○^)

以下、森田浩史さんの投稿、原文そのまま掲載…
昨日は、ユニ・チャーム メンリッケ株式会社のTENAアドバイザーの方たちに認知症の話をさせてもらいました。

普段はTENAというオムツやパッドを扱っておられて広いエリアを走り回っておられる中、西日本エリアの若い方々で月一回勉強する時間を作っておられるとのこと。そこに呼んでいただけました(^^)
紙芝居の話にかなりプラスαして話して、話してもらいました!
記憶の障害の話から、認知症の人の見方が変わりました!とか、担当先の介護職の人との話が変わりそうです!などの感想をいただけました(^^)
若い方々からエネルギーもいただけました!
いつものコーヒーも、一味違うように感じました〜☕️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です