直井 誠さん・認知症シスターの加藤英明さん(埼玉)が、学童保育で紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの直井 誠さん・認知症シスターの加藤英明さん(埼玉)が、学童保育で紙芝居を使って認知症のお話を♬
未来を担う子ども達に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、直井 誠さんの投稿、原文そのまま掲載…
昨日は、加藤さんと夏休みの桶川市内の学童で、認知症の紙芝居活動^ ^
低学年は本当にみんな可愛い❗️

再来週も桶川市内の学童であと2回行います^ ^
この読み語り、楽しくてやめられませんね〜。

桶川の田舎の子供達、本当にいい子ばかり✨✨

将来の高齢化を支える子供達。

こんな高齢化や認知症についての最初の一歩を
紙芝居で伝えるのもイイね〜

きらめき認知症シスター育成もしなくっちゃ☆
http://www.kirameki.or.jp/sister/

鈴木 望さん(東京)が、オレンジカフェで紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの鈴木 望さん(東京)が、オレンジカフェで紙芝居を使って認知症のお話を♬
アンケート、嬉しい声がいっぱい!一人ひとりが身近な地域で伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、鈴木 望さんの投稿、原文そのまま掲載…
【オレンジカフェ、やっててよかったなー】の話です。
オレンジカフェのなかで、認知症予防の話をしました。
認知症予防の紙芝居を何度かやっているので、今日はアレンジしながらいつも話さないことを中心に30分。

アンケートを見るに、ちゃんと伝わった様子。
「認知症の話は毎回聞いても良かった。またお願いします」
「認知症の話はとても良い話でした。もっともっと聞きたかった」
など嬉しいコメントいただきましたー😆

今日はいつも通り地域のかたが23人参加。
それ以外に、地域の事業所やボランティアさんが手伝いに来てくれて、みまーものメンバーの見学や、他の地区の包括からもわざわざ見学したいと飛び入り参加もあり、参加者以外が14人とかなりの賑わいでした。

一つの事業所としてではなくて、近隣の事業所や専門職たちが手を組んで開催できることがなんか嬉しいわけです🎵

そして、一番嬉しかったのは、
後半のカフェの時間に隣にすわった認知症のご主人。
「行くところないんだよなー。
家にいたら母ちゃんと二人きりだから話すこともないしなー。
ここに来るとみんなと話ができて嬉しいんだよ😊」
そんなひと言。

いつもご夫婦で参加されるお二人。
昨年はじめて奥様に連れられて来られた時には、入り口で帰ってしまった。
やっと参加できた時にも、不安な表情で会話にもあまり参加できず、話も若干ちぐはぐな会話だったけど、

今ではもう認知症だと言わないと気づかれないくらい、自然に会話に加わっている。

「昔はダンスをやってたんだよ。ジルバが好きでね」
の話も、
「蒲田のキャバレーによく行ったなぁ。3,000円あれば一晩中遊べたよ」
の話も、今日は3回くらい聞いたけど(笑)
でも、回りの人は笑顔で聞いてくれて、自然に会話が続いていく。

「えっ、あの方は認知症だったの!?気づかなかった。」
って、
言われないと誰が認知症の当事者なのかわからない、
そんな関係がまた素晴らしい😊

ある80代男性の参加者
「僕は認知症に必ずなると思っている。
でも認知症になったときに、少しでも良い状態で暮らせるように、いまここに通っています」
うひゃー!😆嬉しいひと言!

おばちゃま達の会話
「何かあったときに、子供が助けに来てくれるかというと、あんまり当てにならないわよ」
「子供を当てにしちゃダメよ」
「でも、わたしたちが繋がっていましょ。また来月会いましょ🎵」

そんな嬉しい会話にあふれた今日のオレンジカフェでございました。
本業とはぜんぜん違うけど、参加者がいる限り
これからも続けていきます。

加藤英明さん(埼玉)が、市内の学童で小学生に紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症シスターの加藤英明さん(埼玉)が、市内の学童で小学生に紙芝居を使って認知症のお話を♬
介護に携わる専門職として、未来を担う子ども達に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、加藤英明さんの投稿、原文そのまま掲載…
今年から初めて桶川市内学童に認知症サポーター養成講座を桶川市のお手伝いで始めました(^_^)

本日は朝日小学童
2部に分けて26名、28名の子供達に「ものわすれのびょうき」の紙芝居です!!

約30分の紙芝居を和気藹々と楽しくしました。

「ものわすれのびょうきなので何度も聞いてきても教えてあげてね~」

と、言うと、子供達が大きな返事で「はぁい!!」と笑顔で答えてくれました(^_^)

谷本力也さん(埼玉)が、病院のオレンジカフェにて紙芝居スライドで認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの谷本力也さん(埼玉)が、病院のオレンジカフェにて紙芝居スライドで認知症のお話を♬
一人ひとりが身近な地域で伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、谷本力也さんの投稿、原文そのまま掲載…
本日は、飯能市の病院で毎月開催されているオレンジカフェより依頼があり、「認知症の理解と関わり」の紙芝居ver &シナプソロジーをお伝えさせていただきました。
話の前にライオンズの話で3分も頂きまして、今年は優勝しましょう!と皆様で誓い合いました💦
さて本題…こちらのオレンジカフェは計30回開催され、認知症の理解には精通されているばかりでした。
皆様が一番興味を持たれたのは、安心できる環境作りでした。「知らないうちに不安にする言葉」を言っていたかもしれないと振り返る方もいらっしゃいました。
シナプソロジーもみなさん笑顔で参加され、脳の活性化と安心を得て無事終了となりました。

柿沼博昭さん(群馬)が、専門職の皆さんに認知症研修を♬

きらめき認知症トレーナーの柿沼博昭さん(群馬)が、専門職の皆さんに認知症研修を♬
認知症トレーナーになってからも自己研鑽に励み、今や群馬県の認知症介護指導者さんに!〜きらめいてます(^○^)

以下、柿沼博昭さんの投稿、原文そのまま掲載…
群馬県介護労働安定センター様からのご依頼で
渋川市村上の小野上温泉近くにある
ピュアネクスト{もてなし日和 ゆのえん}様にて認知症の研修をさせていただきました❣️
塚田代表にお話を聞いたところ、近くの中之条町でも認知症の高齢者の方が増えてきているそうです。しかし昔から町の人達がそのお年寄りのことをどこの誰さんだか知っていて自然と見守りの態勢ができていると言っておられたのが印象的でした。

ただ最近の若い人は核家族が進み、おじいちゃん、おばあちゃんが存在していても交流することがないため高齢者の方とどう向き合って良いかが解らない人が多いとも話され、この研修によって認知症のある、無いに関わらず高齢者(人)と向き合う上で大切にしてもらいたいことをお伝えしなければと強く感じました❣️

私自身の認知症高齢者の方々との体験事例もふんだんに入れお話ししたところスタッフの方から

「とても解りやすかっです」😊

「明日から私も経験を積んでいきます」😊

と言っていただき、私もとても嬉しい気持ちになりました😊

小野上温泉は美肌の湯だそうで、温泉には入れませんでしたがまた来月、第2回目の研修会で
{ゆのえん}のスタッフの皆さんに会えるのを楽しみにしています😊

研修の企画に携わっていただいた群馬県介護労働安定センターの須永さん、そしてピュアネクスト
の塚田代表に、感謝・感謝です。

柿沼博昭さん(群馬)が、初任者研修のラストで受講生さんにエールを贈る意味で認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの柿沼博昭さん(群馬)が、初任者研修のラストで受講生さんにエールを贈る意味で認知症のお話を♬
一人ひとりが身近な人に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、柿沼博昭さんの投稿、原文そのまま掲載…
初任者研修の最後の授業に心尽くしの贈り物
認知症紙芝居を読ませていただきました。
3ヶ月間の受講生の皆さんとの思い出を噛み締めながら、認知症の理解と関わりから認知症予防までじっくりと😊

卒業間際となると皆んな腑に落ちたようにうなづいてくれて、あぁ解ってくれているんだなぁと
感じながら、これから本当の介護の現場に飛び立っていく中で少し戸惑ったり、壁にぶつかった時にはどうぞ思い出して

利用者さんの想いを・・

家族の方の想いを・・

共に歩んだ仲間の想いを・・

頑張れ!とは敢えて言いません。
初めての介護の勉強に、そして緊張で震えが止まらなかった実習に、皆さんすでに頑張ってきたからです😊

末永く、利用者さん達と向き合って
介護の世界を歩んで行ってください😊

卒業おでとうございます。

3ヶ月間の皆さんとの想い出に
感謝・感謝です

黒川三貴さん(茨城)が、紙芝居を使って認知症サポーター養成講座を♬

きらめき認知症トレーナーの黒川三貴さん(茨城)が、紙芝居を使って認知症サポーター養成講座を♬
一人ひとりが身近な地域で身近な人に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、黒川三貴さんの投稿、原文そのまま掲載…
今日は包括の方と一緒に、約15人の老人会の方たちに認知症サポーター養成講座をしてきました。

私は拡大した認知症の紙芝居を使って、認知症のお話をさせていただきました。

紙芝居は、身内と職場以外では初めてのご披露だったけれど、昨日と一昨日と、子供とパパを相手に練習した成果がありました!

でも、私の話し方には魅力がない事も分かっているので、話し方を工夫していきたいと思います!

大西知恵子さん(東京)のいきいきひだまりサロンの会の活動が新聞に取り上げられました♬

きらめき認知症シスターの大西知恵子さん(東京)のいきいきひだまりサロンの会の活動が新聞に取り上げられました♬
一人ひとりが身近な地域で活動していくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、大西知恵子さんの投稿、原文そのまま掲載…
埼玉の認知症予防活動をしている仲間の所へ出かけて帰ってポストをのぞいたら、、
先日取材を受けた西の風新聞に載っていました(*^_^*)
ありがとうございます❤️
27日は、青梅市新町のカラオケ招き猫でも、9:30〜13:00
どんどん広がれ〜〜予防活動(*^_^*)

大西知恵子さん(東京)が、紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症シスターの大西知恵子さん(東京)が、紙芝居を使って認知症のお話を♬
脳活性化ゲーム+紙芝居で、よりわかりやすく!自分らしく工夫すること、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、大西知恵子さんの投稿、原文そのまま掲載…
おはようございます(*^_^*)

今日は、ある会からの依頼で脳活性化ゲームを体験して頂きます❤️
認知症の理解をする紙芝居も見てもらおうと思っています

正しく理解する事が大事❣️

波入千絵さん(神奈川)が、自身のチラシと紙芝居を持って地域のボランティアセンターに登録♬

きらめき認知症シスターの波入千絵さん(神奈川)が、自身のチラシと紙芝居を持って地域のボランティアセンターに登録♬
はじめの一歩!思いを形に…行動すること、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、波入千絵さんの投稿、原文そのまま掲載…
休みなので。またまた、いろいろと予定くみこんで。

紙芝居を使っての啓蒙活動の第一歩!
包括支援センターとか考えたのですが、範囲が広い事を考えるとボラセンかな。
以前、小、中、高校生のボランティアスクールで手話教室やっていたのが懐かしい。もう15年ほど前になるのかな。

ボランティアセンターに登録。
紙芝居3つもっていき、自分のチラシ、名刺もって説明してきました。
何か繋がってくれると嬉しい。
さすがに、渡辺代表の載っているパンフは貴重でもったいなくて置いてこれなかったです。

仕事の合間に予定のすり合わせから始める活動。
リスクは高そうです。

これから小田さんのライブ@新横浜、横浜アリーナへ。