山口健一さん(長崎)が紙芝居スライドを使って訪問介護の職員さんに認知症研修を♬

きらめき認知症トレーナーの山口健一さん(長崎)が紙芝居スライドを使って訪問介護の職員さんに認知症研修を♬

専門職の方からも嬉しい感想いっぱい
きらめいてます(^○^)

以下facebookより転載
山口健一
きらめいてきました〜〜(*⁰▿⁰*)

今日は【昭和会病院 訪問介護】様からご依頼がありお話をさせていただきました

きらめき介護塾の紙芝居 認知症の理解と関わりをベースに接遇で必要なことは?をテーマに研修開催!

今日は長崎はひどい天気でしたが、多くの方に参加してもらいました 嬉しかったです^_^

参加された方の感想で、
『対象者の中にある理由を聞いていきたいと思います』
『適切な関わりが大事ということがわかりました』
『今日の話を現場で活かしていきたいと思いますので』
『スライドがわかりやすかった』
など嬉しいコメントをいただきました 感謝です!

開催にあたり、打ち合わせや準備がスムーズにいくようにご配慮していただきました朝長さん、本当にありがとうございました おつかれさまでした
次に繋がる研修を企画していきましょう(`_´)ゞ
そして、長与から森田さんと毛利さん、ご参加ありがとうございます

一人一人ができることに少しずつ取り組み、良い支援につながっていくことを願っています
研修終了後、感想を言ってもらいとても勉強になりました
感想を伝えるって作業には素敵なパワーがありますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です