鎌田拓海さん(埼玉)が小学生向け紙芝居を披露、そして特別養護老人ホームにて認知症研修を♬

市の高齢介護課の職員さんに小学生向け紙芝居を披露!!
きらめき認知症トレーナーの鎌田拓海さん(埼玉)が小学生向け紙芝居を披露、そして特別養護老人ホームにて認知症研修を♬

次に繋がる嬉しい話がいっぱい(゚o゚;;
やっぱり、想いを行動にうつす…
一歩を踏み出す勇気、大事ですね
きらめいてます(^○^)

以下facebookより転載
鎌田拓海
今日は、桶川市役所の高齢介護課の方に小学生向け認知症の人の関わり方の紙芝居を行いました。高齢介護課長を含む7名の方が参加して頂き、
『とてもわかりやすい。話し方が優しく時間が過ぎるのが早い!』
『次年度の小学校の校長会でやってほしい。企画してみます。』
など嬉しい言葉を頂きました(^^)

その後、伊奈町にある特別養護老人ホームにて、認知症研修を行いました(^^)

1時間と限られた中で、伝わる伝え方を意識し研修修了後には
『介護者の視点で働いていました。認知症の方はできることがたくさんあるので、安心できるように声かけします。』
『認知症ライフパートナー取得したいので、アドバイスお願いします。今回の研修受けて知識を深めたいと思いました。』
など、意識の高さに私自身も学びがある研修でした。

終わってから施設長、副施設長から次の依頼も頂き、飲みにいく約束もできました(*≧∀≦*)

最後に先日嬉しい話を頂き24年かかった夢が叶いそうです!
改めてご縁に感謝です。

いつもありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です