佐藤美保さん(愛知)が、職場体験の中学生に紙芝居を使って認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの佐藤美保さん(愛知)が、職場体験の中学生に紙芝居を使って認知症のお話を♬
そしてこんな嬉しい感想が!福祉に携わる専門職として、未来を担う子ども達に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、佐藤美保さんの投稿、原文そのまま掲載…
【20190206名古屋市緑区:大高南中学校様 】職場体験「認知症の理解と関わり」30min
女子中学生3人がきらめきに職場体験に!その中の時間を頂き[カイゴの仕事って?(私オリジナル)]と認知症を理解する紙芝居をお伝えしました。
ユニットリーダーさんも急遽加わり….。
感想がこれまた素晴らしい中学生。
(認知症は[できなくなる]のではなく[わかりにくくなる]って知らなかったので考え方が変わりました。もし、おじいちゃんが認知症になったら安心させるために優しく接したりして認知症をおくらせようと思いました。認知症の考え方が大きく変わったのでいい話を聞かせてくれてありがとうございました!)

….ちゃんと伝わってるんだって、とても嬉しかったです。
しっかり聴いてくださってありがとう!
そしてきらめき紙芝居万歳!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です