森田浩史さん(京都)が、町内の総会で認知症のお話を♬

きらめき認知症シスターの森田浩史さん(京都)が、町内の総会で認知症のお話を♬
一人ひとりが身近な地域で、身近な人に伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、森田浩史さんの投稿、原文そのまま掲載…
ここのところ、地域での活動についての投稿が多くて

「自分はこの地域で生きていきたい」

「この地域でのつながりを楽しみたい」

「この地域をより良くしたい」

っていう自身の思いに気づきました

そんななかの昨日、日曜日11時。

13時から、おはなの町内の総会があるからと
まだ時間あるわーと娘と遊んでいると
会長さんから一本の電話

「総会のさいごに15分くらいで認知症の話してもらえる?」

きたー!!

これまで何度も、おはなの町内で
認知症サポーター養成講座したいって
思っていながらもなかなかできず(ここは要分析^^; )

そんななかのお声かけ。

断る理由なし!

というか、本当にありがたいお話。

準備時間2時間弱。

さて、貴重な15分をいかに大事にできるか。

中途半端に知識の話してもなー
紙芝居の途中を使う?(ダメー🙅‍♂️)

結局しっかりはまとまらないまま
あっという間に時間はすぎる

とりあえず紙芝居のこと知ってもらえるように
おはなに取りに行ってー
認知症関連の本も選んでー

総会も終わり
前に呼ばれ

とにかく丁寧に対話しよう

会場には約45名
しかも人生の先輩ばかり

途中、緊張してクチカピカピになりお茶を飲み

みなさんは、こちらの問いかけに真剣に悩んでくださって

問いの意図も伝えて

一瞬で15分!

宇治市の取り組みの紹介もして終わると

拍手をいただき

ぜひ紙芝居を見たいとオファーをいただけました!

やります!3月半ばに!

そしてまずは

「認知症のひとにも、これまでよりさらにやさしい町内をみんなでつくる」

やります!

こんな感じで!!👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です