稲岡錠二さん(京都)が、医院の勉強会で認知症のお話を♬

きらめき認知症トレーナーの稲岡錠二さん(京都)が、医院の勉強会で認知症のお話を♬
聴いてくださった方がこんな嬉しい感想を!介護に携わる専門職として身近な地域で伝えていくこと、大事ですね〜きらめいてます(^○^)

以下、稲岡錠二さんの投稿、原文そのまま掲載…
今日は、宮津のとある医院の勉強会にお招きいただき
『丹後一⁉わかりやすい認知症講座』
をさせていただきました。

今日から4回シリーズで
『認知症の”人の気持ち”の理解と関わり』
『認知症予防』
についてお話させていただきます。

昨日参加してくださったのは
20代 1名    30代1名
40代 1名    50代5名
60代 4名   の、計12名でした。

話をする前の『認知症のイメージとして
・もの忘れと区別がつかない
・コワい、不安
・何もわからなくなってしまう病気
・なりたくない
・歳のせい、しょうがない
・治療法はない
などの意見が出ました。

お話をした後、今日の講座の感想を伺いました。
・わかっているつもりでいたが全然わかっていない事に気づけた。
・すぅーっと頭に入ってくる、とてもわかりやすかった。
・何もわからなくなっていってしまって困った人、出来るだけ関わりたく無いと思っていましたが…わかることもたくさんある!わかってないのは私の方だった!と思いました。明日から見る目を変えれそうです。
・理解をしようという気持ちになれた。
・『病気』として捉えて、思考が停止して『人』としてではなく『病人』として扱ってしまっている自分が居た。記憶障害があるかないかだけ…私たちとなんら変わらない『人』であること。ソコが理解出来ていなかった。とても失礼なことをしていた。。。「尊厳を・・・」と職員に言っておきながら…

など、たくさん意見を出してもらえました。

講座終了後のアンケート結果です。
・講座前と後で『認知症』に対しての印象は変わりましたか?
 ①悪くなった     0名
 ②別に変わってない  3名
 ③少し変わった    3名
 ④スゴく変わった   6名
  (良い方に)

・今日のような話をまた聴きたいと思いますか?
 ①もう聞きたくない    0名
 ②別にそう思わない    1名
 ③機会があったた聴きたい 2名
 ④ぜひまた聴きたい    9名

ご参加ありがとうございました。m(_ _)m

※『丹後一⁉わかりやすい認知症講座』
 ご要望があれば行かせていただきます‼
 もちろん丹後じゃなくても!
 お気楽にご相談くださいd(^_-)-☆

#丹後一わかりやすい認知症講座
#ライフデザインクリエイトふらっと
#きらめき介護塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です